シワができる原因と皮膚の再生

シワができる原因を知っておきたいと思い、皮膚の再生とシワができる原因を調べてみました。
皮膚は、表面から順番に、表皮、真皮、皮下組織と3つの層でできています。
表皮の一番上の部分は、角質層と言われていて、一番深い部分は、基底層と言われています。

肌の表皮細胞が生まれるのは基底層からで、基底細胞は絶えず細胞分裂を行って、二週間くらいかけて、基底層から角質層へと次々に新しい細胞を押し上げていきます。
角質層に到達した細胞は、核のない死んだ細胞になって外からの刺激から肌を守ってくれます。
そして約二週間その場にとどまった後にアカになってはがれて落ちていきます。
このような約四週間を周期とする肌の新陳代謝をターンオーバーといいます。

ターンオーバーという言葉は良く聞いたことがありましたが、内容を知ったときはアカはただ汚いだけではなく、役目を果たしてくれていたんだなと感謝してから落とそうとおもいました。
このターンオーバーが順調に行われていると皮膚の調子がよいということになるようです。
でも、年齢を重ねてくると、ターンオーバーの周期スピードは遅くなってくるようです。
4週間が5週間というように、だんだん長くなって、40歳を過ぎると6週間くらいかかるようになってしまうそうです。

ターンオーバーが遅くなると、いろいろな問題が起きてしまい、肌荒れやシミやシワが起きやすくなるようです。
まず、角質層の水分を補っているセラミドが減少して、肌が乾燥していくようです。
また、古い角質細胞がはがれないで残ってしまい、くすみの原因になるようです。
メラニン色素もターンオーバーとともに排泄されるようなんですが、それがおそくなると、シワやシミとして残ってしまうようです。

そして、シワをつくる主な要因は皮膚組織の老化によるもので、肌のはりや弾力を保つ羽田亜紀をしているのが、真皮にあるエラスチンやコラーゲンというものです。
この2つは網の目状にネットワークをつくっていて、肌の内側からはりを保つという働きをしています。
ですが、40歳を過ぎると、これらの繊維は古くなって、もろくなります。

そして、コラーゲンの量も年齢を重ねるにつれて減少して、エラスチンも切れてバラバラになるので、網目状のネットワークが壊れて皮膚のはりや弾力が失われていってしまいます。
このように年齢を重ねると肌の調子が落ちる一方と思ってしまいますが、肌のシワなどが起こる原因を知って毎日スキンケアを行っていけば、年齢に負けない肌が維持できるんだと思います。
私は40代ですが、肌のシワなどの起きる原因を知ってから若いころと同じではだめだと思い、美顔器を使うようになりました。

私が使っている美顔器は普段使っている洗顔料やスキンケアと一緒に使える美顔器なんで便利に使っています。
美顔器って専用のジェルがあったりするんで、私の美顔器は自分の化粧品でOKなんです。
この美顔器を買うのに参考にしたのがhttps://www.ja4me.org/なんですが良かったら参考にしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です