効果的に飲む

水素水は、薬ではないのでいつタイミングで飲んでも問題ありませんが、効果的な飲み方というものがあります。
効果が期待できる量というものもあり、基本的には1日に1.5リットル前後飲むといいと言われています。
大量に飲めばその分効果が上がるというわけではないので、1日のうちに何回かに分けて飲むことが大切です。
水素水の温度は、冷たくするのではなく常温の方が、体を冷やさずに済みます。

1日の中で水素水を飲むタイミングとして、起床したときに飲むのもいいでしょう。
起きたときには体が乾いている状態なので、水素水で水分補給を行なうといいでしょう。
食事をしているときも、お茶やジュースの代わりに水素水を飲むことが出来ます。
お風呂あがりや就寝前など、どの場面で飲んでも問題ありません。
飲むときのポイントとして、開けたらすぐに飲むということです。
水素水は水素ガスが含まれている水で、水素ガスは宇宙で最も小さな分子と言われています。
そのため、ペットボトルを開けて、その後にしっかりと閉めていても、隙間から水素ガスが漏れでてしまいます。
開けたらすぐに飲むことが、効果を得るためには重要になってきます。

効果的に飲むためには、容器選びも大切になってきます。
水素水のタイプとして、サーバータイプやペットボトルタイプ、アルミパウチタイプやスティックタイプなどがあります。
これらの中で理想的に水素水を飲めるものは、アルミパウチタイプと言われています。
水素ガスの保持力が高く、持ち運びにも便利なため、多くの人がアルミパウチタイプのもので水素水を飲んでいます。

ページのトップへ戻る